【無料あり】プレミアリーグの試合を視聴する方法はこちら >>

サッカーにおける「止めて蹴る」とは?「止めて蹴る」の重要性やメリットについて詳しく解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

サッカーで止めて蹴れるとどんなメリットがあるの?止めて蹴るはなぜ重要なことなの?このように疑問に思っている方がいるかと思います。

本記事ではサッカーにおける「止めて蹴る」の重要性やメリットついて詳しく解説していきます。

目次

サッカーにおける止めて蹴るとは?

「止めて蹴る」とは、文字通りボールを止めてから蹴る技術のことを指します。具体的には、以下の2つの動作を指します。

  1. 止める(トラップ)
    • ボールを足や体の一部で受け止め、静止させる技術です。これにより、ボールが自分のコントロール下に置かれます。
    • 足のインサイド、アウトサイド、インステップ、または胸や太ももを使ってボールをトラップします。
  2. 蹴る(パス・シュート)
    • 止めたボールを次のプレー(パスやシュート)につなげるために、適切な力と方向で蹴る技術です。
    • 足のインサイド、インステップ、アウトサイドを使ってボールを蹴ります。


サッカーをしている方は簡単だよ!そんな事知っているよ!という方もいるかもしれません。
私も少年サッカーに携わっていますが指導しているコーチが止める・蹴るをできていないコーチや理解できていない方が多くいます。

もちろん私も完璧にできるわけではありませんが止めれている・蹴れているの基準はどこなのか?をはっきり持っておくだけで指導するポイントも変わってきます。

また最近指導現場ではドリブルスクールが流行っていて見渡すと増えてきた印象があります。
もちろんドリブルも必要なことです。しかし止めて蹴ることもドリブルと同じくらい重要なのです。 

時間がある方は是非この動画をみていただきたいです。
風間さん(現南葛SCの監督)がyoutube内で止めて蹴るの重要性について話されています。
止めるの基準・パスの基準を知ることができればサッカー観が変わります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次